教育研修

鑑定業務には保険知識をはじめ、建築、電気、機械、簿記会計など幅広い専門知識が必要になるため、当社では入社後はもちろんのこと、入社前の内定時からさまざまな教育研修制度を用意しています。

Ⅰ.ステップ研修…入社内定時から管理職になるまで、キャリア年次に応じた保険知識、各種技術知識、法律知識、会計知識、マネジメント知識などを身につけるための研修を実施しています。

■入社前
資格試験対策 毎年1月に実施される3級鑑定人資格試験対策のための研修です。
11月~1月の間、週2回程度開催して、入社前に資格取得を目指します。
■入社1年目
新入社員研修 入社後1ヶ月程の期間、机上にてビジネスマナー、損害保険業界、保険知識、鑑定知識その他関連知識を修得する研修です。
現場同行指導 基礎研修終了後、先輩鑑定人に同行し、実際の現場での鑑定業務、その後の具体的な処理について、指導を受ける研修です。
ロールプレイング研修 現場調査を始めた社員に模擬現場における鑑定業務を遂行してもらい、問題点等を指導していく研修です。
■入社2年目
入社2年目研修 入社後一年経過時点で生じている、いろいろな疑問を解決すると共に、より高度な損害鑑定知識を修得する研修です。
■入社3年目
入社3年目研修 入社後二年経過時点で生じている、いろいろな疑問を解決すると共に、より高度な損害鑑定知識を修得する研修です。
■入社6~12年目
中堅社員研修 弁護士、会計士、建築士など専門家を講師とし、業務に必要な専門知識を修得する研修です。
■管理職就任時
新任管理職研修 管理職として必要なリーダーシップ力、マネージメント知識を修得する研修です。

Ⅱ.スポット研修…損保講座研修、通信教育研修、専門学校研修

業務に必要なさまざま専門知識を身につけるための研修です。年次にかかわらず各種通信教育や損害保険協会主催の「損害保険講座」の他専門学校の主催する講座のプログラムを任意に選択できます。

Ⅲ.鑑定人試験受験対策研修…3級初回受験研修、2級受験研修

入社後も鑑定人試験受験対策研修として、3級初回受験対策研修、2級受験対策研修を実施します。

Ⅳ.ASC(鑑定技能大学)

鑑定人協会主催のASC(鑑定技能大学)に参加し、鑑定人としての知識修得技術向上を図ります。3級鑑定人資格取得後、STEPⅠ、STEPⅡ、STEPⅢと段階的により高度な研修を受講します。

■専門鑑定人資格取得支援制度

「損害保険登録鑑定人規則」において定められている専門鑑定人資格取得に必要な以下の鑑定業務に関連する資格取得を支援するために、資格取得に要した費用の一部を補助する制度です。

建築積算士、1・2級建築士、1・2級土木施工管理技士、1・2級建築施工管理技士、1・2級管工事施工管理技士、第1種・第2種・第3種電気主任技術者、1級ボイラー技士、第1種電気工事士、木造建築士、公認会計士・同補、税理士、不動産鑑定士・同補、技術士・同補

ページの先頭へ戻る