学生の皆様へ

真のプロフェッショナル(専門職業人=損害保険鑑定人)として活躍したい人へ

株式会社中央損保鑑定の採用担当です。

学生の皆さんは、「就職」についてどのようにお考えでしょうか。

「就職」とは、まさに「職に就く」ことですが、皆さんはどのような職についてどのような仕事をしたいとお考えでしょうか。世の中には様々な職業があり、就職の際にどのような職業、そして会社を選択するかはその人の人生の大部分を決定付けるような大きな意味を持ちます。
大企業で大規模プロジェクトを担当するということに憧れる方もいれば、公務員として人々の暮らしのために働きたいと考える方など、方向は違えども「就職」についてそういったイメージを持っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

私たちの会社「株式会社中央損保鑑定」はいわゆる一般の会社や官公庁とは異質の存在です。
損害保険鑑定人という職業は、資格保有者数が約3,000人と少なく知名度こそ低いですが、損害保険金のお支払に際してまさにベースとなる業務であり、大変社会的な意義のある仕事です。

数多い損害保険の保険種類に応じて保険事故の態様は様々で、ひとつとして同じ事故はありません。したがって、複雑で様々な態様を示す保険事故について、損害の原因、状況を分析して公正で適正な損害額を算出するためには、高度な専門知識を修得するとともに多年にわたる経験が必要です。
このように、損害保険鑑定人はまさにプロフェッショナル=専門職業人であり、一般の会社員や公務員とは異質の専門的な職業です。

したがって、個々の鑑定人に求められるものは多く、
自分の仕事として責任を持って完遂できる資質を有している人

心身ともにタフで、少々のことがあってもへこたれない図太さを備えつつ、
他面では細心な注意も払うことができる人になれる資質を有している人

好奇心を持って楽しみながら知識を蓄え、広汎に応用できる資質を有している人

そういった資質を持ち、一般にいわれるサラリーマン的な仕事ではなく、真のプロ=専門職業人として仕事がしたい人を株式会社中央損保鑑定は求めています。
我々と一緒に働ける人には、プロとしての一定の喜びを必ず共有していただけることをお約束します。

ページの先頭へ戻る