事業内容

評価鑑定

評価鑑定とは

住宅やビル、さらには工場やプラント、そして家財や什器備品、設備・機械などを対象として損害保険に加入する際に、適切な保険金額を設定することは、事故が発生した際に契約者が損害を補償する十分な保険金を受け取る為の重要なポイントとなります。

一般的には、損害保険代理店のアドバイス等により保険金額は決定されます。
しかし、大きなビル・工場・プラント等の特殊な物件については、鑑定人が保険価額を評価する専門家として保険の目的(対象物)について適正価額を鑑定し、評価鑑定書を作成し保険契約者、保険代理店、損害保険会社に提出します。

このような業務を評価鑑定と言い、その多くが鑑定事務所に委嘱されます。

当社は鑑定業界のパイオニア的存在として多くの経験と卓越した技能を有し、損害保険会社のみでなく、保険契約者様からの信頼も得ております。

ページの先頭へ戻る